FC2ブログ

ちゅらちゅら

~☆FIVE STARS☆東方神起と出会ってしまいました~&韓国エンタメ

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

クラブディズニー

あの東京ディズニーランドシーに東方神起が登場!
ふってわいたこの話。行ってしまいました、東京まで。
クラブディズニーが好きだったこともあってけど、やっぱりYoonhoに会いたくてね~。無理やり友達を誘って会ってきましたよ
20070130215829s.jpg

3日間あるイベントで、私たちは初日に参加です。シー話は”美ら美ら”で書くとしますが、やっぱり入場前は騒然としたフインキでしたよ。
開門と同時に走り出しましたが、持久力はなかった・・・。友達のMがいてくれてよかった~引っ張ってくれました。2回公演があったので、私たちは2回目の組でスタンバイ。もうこの時間で2時間は立ちっぱなしだったので、もう足の感覚はよくわからなくなっていました。
1回目の状況もかすかに漏れてきて・・東方神起が出演したとわかったとたん、会場に走り出してしまいました。隙間からのぞいてみると、見えました!!白い帽子をかぶったYoonhoが・・・。
目指すは右手!!Yoonhoへまっしぐらです!!
20070130150825.jpg
IMG_0222.jpg
6305939.jpg

けっこう肉眼で見ることができました。1曲だけの登場でしたが、エンディングではミッキーたちと再登場!
(私は、楽屋側でスタンバイ!今世紀最大の接近でしたよ
Mには寒いし、大変申し訳なかったけど、思い切って行ってきて良かった~
彼らも楽しんでくれたのかな~。。

”~映像~”
~写真~
スポンサーサイト

| 東方神起 | 04:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初☆スンホニー

sgWANNABEが大阪に初登場ということで行きたかったこのイベントですが、なんせ、チケットが高かった・・。で、スンホンが出演となって急激にチケットも売れたと思われましたが、結局かなり余ったのででしょう。大判振る舞いが行われていました。
私もその恩恵?にあやかり行くことができました。

1月23日大阪市内の京セラドーム大阪で『韓流フェスタ2007inOsaka』が開催されました。この公演は韓国に拠点を置くIVI(国際ワクチン研究所)が中心となったチャリティーイベントです。
まず前半は趣旨説明としてIVI活動のVTR上演、関係者の挨拶、そしてIVI広報大使を務めた韓国側の代表俳優のチョン・ジュノ、日本側の代表松方弘樹が舞台にあがりチャリティー贈呈式が行われました。

後半が待ちに待った韓国側のゲストのステージ。
まず爆発音と共に登場したのがチョンジン(Shinhwa)。今回はShinhwaのチョンジンとしてではなく、ソロ歌手チョンジンとしての参加です。現在の活動曲『トラワジョ(戻って来て)』、『サランイ オジアナヨ(愛が来ない)』『チョンボニラド(千回でも)』を熱唱。トップで登場したからか少し硬い印象もありましたが、「アイシテルヨ~」を連発し会場から拍手と笑いをゲットしていました。

1340_7.jpg

次に登場したカンタ。
この頃はドラマ出演などのニュースが中心の彼ですがこの中では誰よりも古株のボーカリスト。H.O.T時代から培って来たダンスの実力を大々的披露!!これだけでも観られて良かった(笑)。『ハルマンクムマン(1日だけ)』『カミョン(仮面)』『Now And Forever』『スムルセ(23)アレンジバージョン』で大御所のステージを見せ付けました。
昨年秋に日本盤のベストアルバムを発売したカンタ。この先日本で観る機会も増えるかな?
当初出演者にリストアップされていなかったドラマ『プルセ(火の鳥)』の主題歌を歌った歌手Meilin。日本デビューを控えた新人として紹介されましたが彼女、以前はSom2(ソミ)の名前でデビューした芸歴3年を超える歌手。
当時は本当に幼い印象だったのにすっかりセクシーで落ち着いた印象にチェンジ!!10代の変化は早いですね(笑)。2月発売の『Save My Song』を熱唱しました。


ゲスト舞台も中盤を越え登場したSG Wanna Be+。何週間か前にメインボーカルのキム・ジノがのどの炎症で応急処置を受けたとのニュースが上がっていたので歌えるのか心配しましたが無事舞台に上がって歌声を披露してくれました。
登場前から客席からは歓声が、『サランヘッソヨ(愛してた)』『Timeless』『サルダガ(生きて)』、最後の『ネサラム(私の人)』ではスタンディングした観客も一緒に手を大きく上げて拍手でリズムを取っていました。さすがステージ歌手SGワナビーです。

1340_8.jpg


歌手大トリはM(イ・ミヌ)。Shinhwa時代から群を抜いていたダンスを披露すると会場からはイ・ミヌコールが。『Battle』『Girl Friend』『Bump!!!』の3曲を熱唱して会場を熱くし、チョンジン同様「アイシテルヨ~」で観客の歓声と笑いを集めていました。

ライブが終了し再度広報大使のチョン・ジュノが登場し、IVIに対して思いを語ってくれました。
今回後輩であるソン・スンホンを誘ったのも彼。彼の笑顔無くしてはソン・スンホンにはお会いできませんでした。
という事で、待ちに待ったソン・スンホン登場!!その姿を目に焼き付けようと会場が一気にオールスタンディングに。ドーム内は歓声でいっぱいになりました。
middle_1169562533.jpg


主催&写真提供:(C)IVIチャリティーコンサート2007実行委員会

ということで、初めてママ様と一緒に韓国イベントに初めて参加し、sgWANNABEも初めて、スンホニーも初めてと初めてずくしの今日のイベント、終わってみればとても楽しめました。
早くsgWANNABEのライブを見たいです。やっぱり、心にしみますよ。ジノの声が少しよくなっていたので、よかったです。年末の賞レースでは兄さんたちが頑張ってカバーして歌ってくれていました。「サルダガ」の高音部分をドンハssiが歌い上げていたので、また新鮮なかんじでした。

スンホンは本当にかっこいい。これしかいえないかも・・マジでやばいよ。Sangwoo!!

チャリティーイベントということでは意義があったのかはわからないけど、みなさん楽しんでいました!!



| KoreanStar | 03:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はなまるカフェ登場!

NDVD_080-1.jpg

20070117_270012.jpg
20070117_270011.jpg

なんと東方神起がはなまるカフェに登場しました!!知ったときは目を疑いましたが、新曲「stepbystep」がお昼のドラマの主題歌にもなっているので、出演ということになったのでしょうか。。
とにかく、アカペラで登場です!!
NDVD_011-1.jpg

もう、朝から5人とも笑顔を見せてくれました。
go-1.jpg

おめざは、”カツ丼”!韓国にはカツ丼はないんだそうです。がっつく彼らもかわいかったな~。
はなまるアルバム!?でもメンバー自身のコメント入りの写真を持ってきてくれていました。なんと、彼らはデビュー当時から韓国でも日本でも共同生活をしているんだって!知らなかった~。本当に仲がよいのでしょう。朝ごはんの話になったとき、韓国料理の出前を頼んでいるとお話していました。BOA先輩もいっしょのところ・・・
(後日、”HEY×3”で店名「兄夫食堂」だとわかりました)

NDVD_044-1.jpg

Yoonhoはリーダーらしく立派に話してましたよ!!ケンカをすることもあるけれど、ケンカをするほど仲がよい!と自分たちで語っていました。

帰宅してからみたのですが、ほんとうに和気あいあいとしていて思わず顔が緩んでしまいましたね。もっともっと、トーク番組にも出演してほしいですね~。

| 東方神起 | 23:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ごめん、愛してる・・・。

年明け、早々、夜な夜なドラマ鑑賞の日々です。
仕事はキツイくせに夜な夜な鑑賞しています。。。

そして、出た~!「ごめん、愛してる」
なかなか、見れずにいたこの作品。けっこう暗いテーマだから・・。
でもこの数日間で見ました。
2006021415253585222_1.jpg

出演は「バリの出来事」のソ・ジソプ。映画「アメノナカノ青空」のイム・スジョン。ほんと、ソ・ジソプはかっこいいとは決して思わないけれど、あの寂しそうな瞳にやれるんだろうな~。イム・スジョンはやっぱり童顔だけど、確かな演技で好感ですね。
(↓またまたお借りしました・・・。)
misa_4re.gif

オーストラリアに撮影にきていたウンチェ(イムスジョン)、ユン、ミンジュ。ユンへの気持ちを隠したままでは一緒にいたれないと、韓国に一人で帰ろうとするところ、現地人に荷物を奪われ、ムヒョクに助けられる・・・二人の出会いです
養子に出されたムヒョク(ソ・ジソプ)は恋人だったジヨンの結婚式を妨害しようとした際、頭を銃で撃たれてしまいます。
ムヒョクは母を捜そうと思ったのか、韓国へ帰国。
なぜか、ユンの存在を知り(すぐに母親がわかるところが・・・)ユンに近づく。ユンのそばにはウンチェがいるので、自然に再会。。
ユンのマネージャーとなったウヒョクの復讐が始まります。
ウヒョクがウンチェを愛するようになった瞬間がイマイチわかりませんでしたが、急激にウンチェを好きになったムヒョク。
ユンしか見えていないウンチェでしたが、次第にムヒョクに惹かれ・・。
img_3_1759_2.jpg

背伸びをしてのキスシーンはなかなかかわいいくて好きだったな~
ユンはユンでミンジュを追っかけていたけれど、ウンチェが自分から離れたとわかった瞬間、ウンチェを離しません。
ムヒョクはオーストラリアで撃たれた銃弾が頭に残っており(取り出すことができなかった)余命が短いことを知っており、残りの時間をウンチェと過ごしたいと願います。
しかし、ミンジュとの恋に破れ、自分にはウンチェしかいないとユンはウンチェを婚約者に。。そんなユンも心臓病を患い、入院生活を強いられます。自分のせいだとウンチェは看病を続けます。
しかし、ウンチェはムヒョクのことを愛していました。ムヒョクに会いたくて会いたくて・・。
img_20_131_20.jpg

気がおかしくなってしまうほどのウンチェは痛々しかった・・。
n2o_1412_41507_1.jpg

後ろから抱きしめるこのシーンは大好きです。
ムヒョクは自分の心臓を移植するとユンの母親(=ムヒョクを捨てた母親)に宣言します。最初は戸惑った母親でしたが、ユンを愛するあまり・・。
ウンチェにも心臓のことを話しますが、からかわれてると思い激怒するウンチェ。
ムヒョクの存在を知ったウンチェの父親(ユンの母親のマネージャー的存在。ムヒョクを捨てた張本人!!)は母親にムヒョクの命が本当に短いことを告げます。。その話を聞いてしまったウンチェ。。
ムヒョクは既に普通の状態ではいられなくなっています。
ユンはムヒョクとの関係を知りますが、実はユンも養子だったのです・・衝撃な事実をしったムヒョクはウンチェをユンに任せようと。
しかし、ウンチェはムヒョクを追いかけ、二人は短い幸せな時間を過ごすのでした。
結局、ムヒョクは最後の最後に母親に会いに行き、手料理を食べさせてもらいます。最後まで息子であることを告げずに・・母親もなぜだか、ムヒョクが去った後、涙がとまらないのでした・・
私も涙がとまりませんでした・・
そのまま、ムヒョクは逝ってしまいます。
1年後、おそらくムヒョクの心臓を移植したであろうユンの復帰コンサートの日。ウンチェはまだ、会場に現れていません。
彼女はオーストラリアにいました。ムヒョクを最初に出会った場所を巡っています。
そして、彼女はムヒョクが眠る隣で・・・。
n2o_1418_88037_1.jpg


ひえ~!!ムヒョクは余命が少ないってわかってたけど、ウンチェまで・・かなり衝撃的でした。「バリの出来事」的な衝撃でした。
最近見た「宮」「クムスン」ともハッピーエンドだったので、久しぶりに韓国ドラマのダークな作品を見ました。
確かにこの路線が韓国ドラマなんだけど・・・。

しかし”ミア廃人”?この作品もかなり愛されました。ジソプも入隊中にもかかわらず、絶大な人気です。

やはり恐るべし韓国ドラマ。

↓最後にソ・ジソプがイベントで歌った主題歌「雪の華」です。
Snow Flower
けっこう、歌上手です!!

so.jpg

ソ・ジソプssiをみてると「悲しき恋歌」でサンウの少年役だったあの彼を思い出します。そっくりだよ。大人になったらジソプssiみたいになるのかな~。
n2o_1412_56406_1.jpg

イム・スジョンも私は好きかな。自然なかんじが。Rainとの新作「サイボーグ~?」も見てみたいです。

| Drama | 13:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おめでと~!

遅ればせながら、2006年KBS演技大賞を見ました。録画していたのにもかかわらず、すっかり生で見てしまいました。本当に、惹きつける演出しますよね~。知っている俳優さんは少なかったけど、「宮」のユン・ウネも「ぶどう畑~」でノミネートされてました。ユン・ウネはMBC演技大賞でもノミネート。もちろん「宮」での受賞です。こちらはシン君(チュン・ジフン君)との新人賞W受賞でした。
20061230223315.jpg

MBC演技大賞は「朱豪」のソン・イルグク氏でした。「クムスン」のハン・ヘジンも「朱豪」で受賞していました。早く、字幕で見たいな~。
そして、KBSの大賞はハ・ジウォンです。「黄真伊ファンジニ」での受賞です。映画界でも確固たる地位を築いているハ・ジウォンですが、美しい涙をみせていました。なんか、一人オーラが違ったな~。
2007010100423561670_041543_0.jpg


| KoreanStar | 22:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

当選結果

東方神起の2ndコンサートinJapanのファンクラブチケットの引き取り最終日でした。
20070108103306996b6_103457_0.jpg

知らなかったのですが、今回のチケット争奪戦はかなり厳しかったらしく。。東京では全滅の方もいるらしくかなり憤慨していました。私は運がよかったのか、大阪一日、神戸一日が当選していました。
どこのファンクラブでもそうですが、ファンに還元がすくないとトラブルが多発しますよね。Sangwooで経験済みだから驚かなかったけど・・・。
JapanTourは5月だけど、その前2月にはAsiaTourをする模様。。日本でも3月14日に2枚目のアルバムを発売!!

そんな東方神起は11日から来日する模様。元旦から休業中の彼らですが、日本でゆっくりできるのかな??はなまるカフェに出演するらしいけど・・・。ほんの少しのお休みをゆっくり過ごしてほしいですね。


| 東方神起 | 22:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宮S始動

すったもんだあったらしい「宮」の続編「宮S」がいよいよ10日から放送開始予定!
宮S~PV~
200612310000271insert_1.jpg

se7venの初出演ドラマってことで大関心のこのドラマ。「宮」に続くことができるかな?
私的にはやっぱりシン君とチェギョンでの続編が見たかったかな・・・。

| Drama☆宮 | 15:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

終わった~!

「頑張れクムスン!」160話見終りました。。いや~長い道のりでした。スカパで出会ったこの作品。すっかりはまってしまい、例のごとくオークションで購入。すぐに見たかったのですが、あまりにも長丁場となり、120話以降、お正月まで我慢していました。
0927_7.jpg

こんな素敵な結婚式までの道のりは長かった~。

20歳でできちゃった結婚したクムスンとチョンワン。
しかし、結婚後すぐに事故で他界してしまったチョンワン・・・。クムスンは夫の死後も夫の家で過ごします。
3歳になったフィソンを抱えながら、家事をこなし、美容師をめざすクムスン。
p_06.jpg

青汁配達のアルバイト先の病院で出会ったク・ジェヒ。外科医の彼はとてもイヤな奴でした。
しかし、ジェヒはクムスンを雇ってくれた美容院の社長の息子でした。最初は反発?する二人でしたが、ジェヒはいつのまにか、クムスンに惹
かれ・・・。
brojihwanbon0323.jpg

クムスンの実母への移植問題や義兄夫婦の問題、いろんなことがおこりましたが、ジェヒはクムスンへの愛を貫きます。
photo_100_1_1_no_558_1.jpg

2628-02.jpg

途中、本当にストーカーぽくなりましたが、私もすっかりジェヒことカン・ジファンssiのファンになりました。
photo_88_1_1_no_5_1.jpg

未亡人ということでラストはかなりシリアスな展開でしたが、みんなの祝福を受け、大・大ハッピーエンドとなりました。
恐るべし、韓国ドラマです。。

| Drama | 23:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明けましておめでとうございます!!

5986785.jpg

2007年がスタートしました。
昨年はSangwooにはいろいろあり、なんとなく疎遠になってしまいました。ファンクラブ問題からゴタゴタと結局昨年、Sangwooの日本での活動はパッとしませんでしたね。。。今年はドラマに出演すると発表していました。この言葉を信じて待ちましょう!!
200611130000592in_14.jpg

そして、なによりはまっていたのが、東方神起ですね。5月?のライブに行ったとたんやはりはまりました東方神起!Yoonho!!彼のあのカワイイまなざしにやられましたよ、姉さんは。。。かなり若い彼らにはまってしまうのはやっぱり歳をとったのかしら・・・。
今年は東京ディズニーランドでのクラブディズニーからはじまり、5月のライブまで東方神起一色になりそうです。
116579280441932800.jpg

韓国ドラマは「宮」にはまりましたね~。あと「クムスン」この正月休みにあと40話みるつもりですが、なかなかはかどりません。
「フルハウス」も昨年見たのかしら?
200605300000381insert_1.jpg

2005093000005212005093014230481924_1.jpg



今年も早く、とりだめしているドラマを見なくては!

映画は「私の頭の中の消しゴム」ですか。。「ダンサーの純情」もよかった。Sangwooの「美しき野獣」は見事にこけてしまい、「青春漫画」で少し持ち直しました。年末に「王の男」を見ました。不思議な映画でしたが映像がきれいでしたね。あと「グムエル」はいただけなかった~。結局、過去の作品はまったく見なかったかも・・・。
200610250000581insert_1.jpg

200512040000521dancer.jpg

200612250000391insert_1.jpg


ってなことで、2007年も韓国にはまるであろう私です。ハングルも勉強しているので、ぜひ、韓国に行きたいものです!!


| KoreanStar | 16:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |