FC2ブログ

ちゅらちゅら

~☆FIVE STARS☆東方神起と出会ってしまいました~&韓国エンタメ

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

未来へ。。。

お久しぶりです。
この1ヶ月、ちゅらを書こうとしてパソコンの前に座ってもなかなか書けずに今日を迎えました。

EXPO、参加したんですよ。
ほんと、新しいファンの方が多かったように思いました。
映像や写真で一喜一憂する姿を客観的に眺めている自分がいました。
東方神起はやっぱりLIVEが最高だった。
LIVEの映像が流れたとき、特に『RisingSun』はほんま、トンバンシンキに出会った衝撃を思いだしました。
なんで、彼らに会うことができなくなったんだろう・・・
映像だけでもこんなに興奮できるし、感動できるパフォーマンスができる彼らにどうして
会えなくなってしまったんだろう。。。永遠の謎になるのかな。。。

『Loveintheice』はやっぱり、素敵な1曲でした。Liveで聞くたび泣きそうになる。
感動を与えてくれた彼等に会えなくなって1年が経とうとしています。

3人の活動がはじまり、曲も聴きました。
JEJUNGが新しいTATTOをいれたとき、
正直、もう5人に会う事はないんだな。。と思った。

3人の曲は全く、耳に入ってこなかったな。

3人が呟くたび、どんどん遠くなる思いでした。

でも歌ってほしかった。


私は

YUNHO JEJUNG YUCHUN JUNSU CHANGMIN の5人が大好きでした。

そんな5人が出会った東方神起が大好きでした。

EXPOで改めて思いしりました。

だから私は東方神起の思い出を大事にしようと思ってました。

現在を見るのがツライなら過去で生きればいい




SMは決断しました。


YUNHOとCHANGMINの2人の東方神起。

3人の活動よりやっぱりうれしかったよ。
だって、2人にも歌ってほしかったもの

SMコンサートでの2人だけの東方神起。

悲しかったけれど、やっぱり東方神起サウンド、SMサウンドは健在で。
私はこのサウンドが好きなんだなと。

2人での東方神起。

この奇跡のようなグループにこだわり続けることが2人にとっていいことかどうかは
今は誰にもわからない

でもいつか私の愛する東方神起と再会できるのなら


2人には東方神起として


輝いて欲しい


どんな困難が待っているかもしれない


でもきっとこの1年よりツライことはないはずだよ


大丈夫。


YUNHOとCHANGMINはみんなで応援する


絶対に。



≫ Read More

スポンサーサイト

| nina | 08:08 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2人の夢。。。そして

1123.jpg
2011年、「東方神起」が皆さんのそばに帰ってきます!
こんにちは。SMエンタテインメントです。
「東方神起」のメンバー3人のチーム離脱ならびに一連の事態の後、
2年を超える間、ユノユンホ、最強チャンミの二人の音楽活動を自制してきました。

「東方神起」を守りたいと二人のメンバーならびに会社の真心と夢のため、
また変わらず愛してくださるファンの皆さんの心を考えて長い時間待ちました。

起訴の判決でも出たように、東方神起の活動はSMで進行していくことになりました。
それにもかかわらず、3人はSMが提案した「東方神起」としての活動に対して残念ながら無回答を一貫しています。
よって、われわれはついに次のような決定を下しました。

判決のように、自らの位置を守り、

「東方神起」という夢を放棄しないユノ・ユンホと最強チャンミを持続するために、
二人で「東方神起」を守っていくことを決定しました。
どんなことがあっても、これまで「東方神起」と一緒に築いてきた多くのファンの愛と信頼のためにも、
「東方神起」は、続けなければならないと判断したためです。
けれども、未来においてはどんな可能性も排除することはありません。

また、「東方神起」を引き継いでいくことこそ、「東方神起」を愛してくださり、
待ってくださるファンの皆さんにとって最善の恩返しだと考えております。

私どもSMは「東方神起」の誕生と成長を一緒にした当事者(張本人)として、
これからも「東方神起」を見守ってまいります。
もうすぐ広がる「東方神起」の活動のためにあらゆる支援と努力を惜しまず、
懇親の力を尽くします。

2011年、ついにカムバックする「東方神起」に多くの期待と暖かい応援をお願いします。(以上)


≫ Read More

| ホミン | 02:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。