FC2ブログ

ちゅらちゅら

~☆FIVE STARS☆東方神起と出会ってしまいました~&韓国エンタメ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

心臓止まったよ。。。

 
ユンホ ドラマ初挑戦でサッカー国家代表

77.jpg

人気アイドルグループ<東方神起>のユンホがドラマへ出演することが決定した。

24日、MBCによるとユンホは、新ドラマ『地面にヘディング』
(脚本:キム・ソルジ、キム・イェリ 演出:パク・ソンス)で挫折を乗り越え
、国家代表という自身の夢を捨てることなくサッカーに没頭する
主人公チャ・ボングン役にキャスティングされた。

ドラマ関係者は「ユンホもチャ・ボングンのように自身の夢を叶えるために血のにじむような努力を
重ねてきた人物。
アジアスターではない“チャ・ボングン”の姿を見ることができると確信しキャスティングした」と明らかにした。

一方、ドラマ出演が決定したユンホは「台本を読みながら胸が高まるほど“チャ・ボングン”というキャラクターに好感をもった。この感情を演技で表現していきたい」と心境を語っている

 





目に入ってきたとたん、息をのみました。

心臓とまるかと。。。思いました。。。。


一旦はないと言われていたYUNHOのドラマ話。

でも一人で韓国へ戻ったとき(日帰りしてたのに。。。)ちょっと?だったけど

やっぱりやっぱり、衝撃をうけてます

この日帰りで台本をもらったみたい・・・・


あ~まだバクバクしてる。。。 
 

さあ、どうするnina!? ってどうしようもないんだけど・・・









東方神起のユンホ(ユノ)が、9月9日に初放送されるMBC新水木ミニシリーズ『地面にヘディング』の主人公チャ・ボングン役にキャスティングされた。

ユンホ(ユノ)が演じるチャ・ボングンは、つまらない不運な人生を生きるサッカー選手で、3回も生死の間をさまよいながらも、勝利はもちろん国家代表という不可能な夢を叶えるために情熱的に生きる人物。

ドラマ『地面にヘディング』は、タイトルのように持っているものはないが、熱い情熱を持ったサッカー選手チャ・ボングンが叶える奇蹟のような成功ストーリーが込められており、三流人生の人間の勝利とヒューマニズムが描き出される予定。

男主人公として抜擢されたユンホ(ユノ)は、19日に出演者と延々5時間以上のマラソンミーティングで、トップスターではない演技に初めて挑戦する新人として謙遜した真面目な姿勢を見せた。台本を一日前に受け取ったにもかかわらず、チャ・ボングンというキャラクターを深く理解しているのはもちろん、素晴らしい集中力と豊かな表現力を披露し制作陣を驚かせたという。

制作陣はユンホ(ユノ)のキャスティングについて「ユンホ(ユノ)もチャ・ボングンのようにどんな逆境にも屈せず自分の夢を育ててきたと聞いた。ユンホ(ユノ)から最高のアジアスターではなく、私たちが求めていたチャ・ボングンを見た」と背景を説明した。ユンホ(ユノ)も初ドラマ演技挑戦について「チャ・ボングンというキャラクターがとても気に入っている。台本を読み、胸が一杯になった。この感じを素直に演技に表現したい」と感想を述べた。

アジア最高のグループ東方神起のリーダーとして、デビュー以降トップの座を守ってきたユンホ(ユノ)の初ドラマ演技挑戦は、韓国はもちろんアジアファンにも爆発的な関心を得るものと期待される。三流人生の人間の勝利スペクタルヒューマンドラマ『地面にヘディング』は、まもなく台本練習を開始して本格的な大遠征に突入し、9月9日に初放送の予定。

| YUNHO | 15:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT