ちゅらちゅら

~☆FIVE STARS☆東方神起と出会ってしまいました~&韓国エンタメ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2人の絆

277422082883771674.jpg




今朝は久々、夜明けにちゅら、書いてます。
以前はよく書いてましたね。

朝からめざましで2人の曲がドラマの主題歌になるって聞いて、ほんとびっくりした。
少し、バックにながれたけれど、これって『Maxmum』だよね? →ちゃう!YUNHOの『Why』だ~ぁ
でもタイトルは『Torn』なのかな。
大人っぽいドラマ。
新しい東方神起なんだね。

ほんと、昨日からワクワク・ドキドキしてます。

この感覚、久しぶりです。


先月23日、来年1月からの活動再開を電撃発表した“新生”東方神起が、
名刺代わりの新曲をドラマ主題歌として届ける。

 男女間のもつれのモヤモヤした気持ちを断ち切るという意味を込めた「torn」は、
彼らいわく「パワフルなダンスパフォーマンスが楽しめるナンバー」。
5人から2人と人数は少なくなったが、それを感じさせない激しいステージを見せることのできる楽曲に仕上がった。
強いビートと同じく、♪愛した方が罪か 苦しむ方が罰か…と歌う歌詞も
「男らしいタフさを出しているので期待して」と胸を張る。

 この曲にほれぬいたのが、同ドラマの豊福陽子プロデューサー。
仲間扮する魔性の女が、壇れい(39)演じる幸せな主婦の隣人となり、
平穏な日常を壊す心理サスペンス。女Vs女の物語ゆえに骨太すぎず甘すぎず
ドラマの世界観に浸透する男性ボーカルを考えていた。

 彼らの復活を知った豊福さんは、いの一番に熱烈オファー。
同曲を初めて聴いた時「女性の本能をえぐるような悩ましく艶めかしい楽曲で、
嫉妬や羨望、愛情、情念など女性なら誰もが持つ毒を描いたストーリーとピッタリで、
これしかないと思った」と振り返る。

 同曲は14日、同枠ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」の放送中に、
新ドラマ宣伝スポットの中で初めて流される。
3人の脱退メンバーの専属契約問題で、昨年のNHK紅白歌合戦出場を最後に無期限活動休止していた
東方神起にとって、インパクト十分な復活劇となる。


 来年1月12日には、同曲の着うた配信がスタート。
同26日発売の初回限定盤DVD付きシングルには、
プロモーションビデオと2人のオフショット映像が収録される。

 日本の表舞台は同25、26日に東京・代々木第一体育館で行われるライブイベント
「SMTOWN LIVE in TOKYO」で復帰。
日本デビュー以来5年間、破竹の勢いで突っ走った東方神起人気を2人で継続させていく。


| 東方神起 | 15:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。